レーシック手術体験談 TOP > レーシック体験談:

レーシック手術前

手術前に注意しなければいけないことや事前に行っておく手続き、手術室に入るまでの体験を紹介しています。

手術前まで実施すること、控えなければいけないことがいくつかありました。以下のことを守った上で手術を受ける準備が整います。

・手術前の3日間(可能であれば1週間)、抗菌作用のある目薬を1日3回点眼する
これは、手術前の眼を清潔に保つためで、私は1週間前から点眼しました。ただ、目ヤニが出やすくなるということで、就寝1時間前の使用は控えました。

・ハードレンズは手術日の3週間前、ソフトレンズは1週間前から使用を中止する
私はハードレンズを使用していたので3週間前から中止しました。連続装用のソフトレンズの場合、3週間前から使用を中止しなければいけません。この制限は、よりよい手術結果を出すために必ず守る必要があります。

・生命保険に加入している場合、手術給付金が適用される場合があるので、詳細について加入している生命保険会社に確認する
私が加入している保険会社に確認したところ、手術給付金が出るとのことだったので、手術後手続きをしてもらいました。生命保険に加入している方は必ず確認し、給付金がもらえる場合はその手続き方法をきちんと確認しておきましょう。手続きミスでもらえないという結果にならないためにも。

・手術日近くに化粧品を変えない、アイメイクは2日前から中止する
化粧品を変えて、アレルギー反応を起こす危険やアイメイクをして角膜を傷つけてしまうことがあるようです。

・女性は生理日を避けて手術日を選ぶ
もし手術当日、生理と重なってしまった場合、体調が問題ないか医師と相談した上で手術を行うかどうか判断するそうです。

・遠方の方は術後のホテルを予約、交通費の領収書をもらっておく
遠方の方は、手術後ホテルに泊まると思うので、クリニック近くのホテルを予約しておきましょう。ホテルの予約は、クリニックでも手配してくれるので、私はクリニックにお願いしました。
事前に飛行機や新幹線等の公共機関のチケットを購入した場合は本人の名前が入った領収書をもらっておきましょう。

⇒現在の遠方割引は、割引対象となる地域かつ割引対象となる手術を受けた方が、現住所証明になる書類(パスポートや運転免許書など本人と住所を同時に確認できるもの)を持参するだけで割引を受けることができます。

手術当日、家を出る前に注意すること
手術前の検査・診察
手術室に入る準備