レーシック手術体験談 TOP > レーシックについて:レーシック用語集 >

PTK

PTKとは、治療的表層角膜切除術ともいい、エキシマレーザーを照射して角膜の混濁を除去する手術のことです。
角膜は本来透明なのですが、加齢や先天性などの原因で角膜が混濁してしまうことがあります。この混濁が角膜の表面にある場合、エキシマレーザーを使うことで濁りを除去できることがあります。また、屈折矯正手術後に角膜混濁(ヘイズ)が発生することが稀にあり、この場合もPTK手術で混濁を除去します。

PTK手術はPRK手術と似ており、角膜上皮を一時的に損失してしまうので術後の痛みがかなり強いというデメリットがありますが、もともと近視がある方は、近視も同時に治せるというメリットもあります。


 ≪ハロー 不正乱視 ≫