レーシック手術体験談 TOP > レーシックについて:レーシック用語集 >

フラップ

フラップフラップとは、角膜上皮を正確に薄く削り、角膜上皮の一部だけつなげておく、フタのようなものです。手術時にはこのフタを開け、レーザーで角膜の屈折力を変えた後、フラップをを元に戻します。元に戻したフラップは表面張力で自然に接着します。
以前の屈折矯正手術は角膜上皮を除去するため、手術後角膜上皮が再生するまで痛みが伴うというリスクがありましたが、このフラップ作成技術により、術後の痛みも少なく、短期間で視力が安定するようになりました。ただし、稀ですがフラップを作成するときや戻すとき、角膜表面にしわが出来たり、感染症にかかったりすることもあるようです。


 ≪不正乱視 ヘイズ ≫