レーシック手術体験談 TOP > レーシックについて:レーシック用語集 >

収差

収差とは、光の波長の違い、または光線がレンズを通過する角度や位置によって、光線の束の集まる位置(焦点)がずれる現象のことです。正常な場合、角膜、水晶体を通過した光線が網膜上の一点に束となって集まるのですが、収差の場合は、光線が網膜上の一点に集まらず、物が見えづらい状態になります。
収差には、近視や乱視といった低次収差と不正乱視などの高次収差があります。


 ≪サハラ症候群(SOS) 正乱視 ≫