レーシック手術体験談 TOP > レーシックについて:レーシック用語集 >

不正乱視

不正乱視とは、角膜の表面に凹凸があり、網膜のどこにも焦点が結ばれない状態のことをいいます。不正乱視は眼鏡で矯正ができないためハードコンタクトレンズを使用します。ただし、目に合っていないハードコンタクトレンズなどによる圧迫で、角膜に歪みを生じて不正乱視が発生することもあります。
一般的によく言われている乱視は、正乱視といいます。


 ≪PTK フラップ ≫