レーシック手術体験談 TOP > レーシックについて:レーシック用語集 >

正乱視

正乱視とは、一般的によく言われている乱視のことで、角膜のカーブの形が縦、横方向に違っていることで屈折した光が1点に集まらず、2ヶ所で焦点を結ぶ状態のことをいいます。正乱視の場合、眼鏡やコンタクトでの矯正が可能です。
正乱視に対し、不正乱視があります。


 ≪収差 デスメ膜 ≫