レーシック手術体験談 TOP > レーシックについて:レーシック用語集 >

デスメ膜

デスメ膜(デスメー膜)とは、角膜実質層の下にある厚さ7~8ミクロン程度の膜で、角膜の中で最も薄い層です。ボーマン膜同様、角膜の形をドーム状に保つ骨格のような働きと、外側の強い刺激から角膜内部を保護するバリアのような働きをもっています。


 ≪正乱視 ドライアイ ≫