レーシック手術体験談 TOP > レーシックについて:レーシック用語集 >

クリーンルーム(CR)

クリーンルーム(CR)とは、清浄な手術環境を維持するために、汚染物質を排出し、清浄な空気を供給する、衛生管理設備が整った部屋のことです。
手術を行う際、空気中に漂っている目に見えない細菌等の微粒子によって、感染症などをおこしたり、熱や湿気などが発生します。このような汚染物質は、天井に設置されている高性能フィルターでろ過され、内圧が高くなるように清浄な空気を室内に吹き込みます。床面に近いところには排気口があり、ここから常に空気が吹き出すので、汚染物資が漂っている外気が室内に入ってくることはありません。
また、レーシック手術では、常に安定した環境が必要です。手術中使うエキシマーレーザーは非常に精密な機械で、レーザーを正確に照射するには室内の温度・湿度を一定に保っておく必要があります。クリーンルームは、常に一定の室内環境を保つことができる部屋でもあります。


 ≪角膜内皮細胞層 グレア ≫